読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イエティの雪だるま投資記

20代社会人のお金と投資に関するブログです ツイッターもやってます。https://twitter.com/yuki_otoko7

<銘柄分析>3931 バリューゴルフ

1.企業概要・事業内容


f:id:ieteli:20170313171139j:image

来期利益予想を除けば(後述)、毎期ほぼ右肩上がり

 

  • 事業内容(HPより)


f:id:ieteli:20170313175215j:image
 

2.企業の強み

ゴルフ一人予約サービスを持つ。(HPより)

ネットを通じて、一人でもラウンドを回ることができるサービス


f:id:ieteli:20170313175412j:image

 

登録者、利用できるコース数が急拡大

 

f:id:ieteli:20170313175653j:image

 

・月次でも月約7,000人ペースで拡大中(IRより)


f:id:ieteli:20170313175849j:image

 

3.市場動向

ゴルフに関わる売上(プレイ料金など、全般)過去3期分だと、ゆるやかに上昇している(市場は成熟業界) 

 

月次だと、夏などに、急拡大したものの、全体として横ばい。

 

今後も、数年は横ばいが予想される。


f:id:ieteli:20170313172115j:image
f:id:ieteli:20170313175918j:image

 

4.リスク・注意事項

  • 楽天も一人予約サービスを行っている、大手企業との競争

f:id:ieteli:20170313180246j:image

 

  • 会社体制が不十分(創業からそこまで経っていない、転職サイトなどでもこの点が取り上げられている)

 

5.注目ポイント

  •  良くも悪くも「攻めの姿勢」

HP:経営方針及び中期成長ビジョンについて

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1421585

 

この企業は、現在「一人予約サービス」を主軸に様々なサービスを展開しています。

 

去年8月には、ゴルフ用品などを販売する株式会社ジープを子会社化。

 

その他、ゴルフ場経営サポートサービスなどを始めるなど、先行投資に相当力を入れています。

 

しかし、去年11月に下方修正を発表。


f:id:ieteli:20170313211214j:image
f:id:ieteli:20170313211222j:image

 (上記の画像は、「HP:業績予想の修正に関するお知らせ」 より、筆者が内容をグラフ化したものです。) 

 

営業利益が業績予想の半分以下に修正。広告メディア・メディカル事業で期ズレが発生するなど、新サービス開発に力を入れている分、どうしてもバタバタ感が見受けられます。

 

なので今後は、サービス展開が適度なスピードで行われているか、経営陣の手腕には注視する必要があります。

 

6.成長性・割安性分析


f:id:ieteli:20170313213031j:image

 

私は、主軸の「一人予約サービス」の拡大を評価し、期待成長率は20%、PERは19.4で設定しました。

 

問題は、来期EPSで、現時点では来期決算が発表されていないので、どうともいえないのですが、私個人は80付近で来るのではないかと予想しています。(期待)

 

なので、EPS80*PER19.4で1552円で、フェアバリューと判断。イエティPFでは、期待を込めて打診買いを行いました。今後は、決算内容によってポジションを確定させるつもりです。

 

7.まとめ

 

成熟したゴルフ業界に新風を与える企業。わざわざ、友人などとスケジュールを合わさなくてもラウンドを回れる強みはゴルフ経験者の方なら強く感じると思います。

 

投資目線だと、曖昧なところも多くリスクは比較的大きい企業だと思います。

 

余談ですが、ここの社長はリクルート出身です。私はリクルートと聞くと「エスクリ」という企業を思い出します。ここは、昨年、事業拡大を早めすぎて大幅減益の下方修正。今は、拡大路線から既存のサービス強化に方向性を変えて、挽回していっています。

 

ここの社長(今は会長)岩本さんもリクルート出身で、私は今のバリューゴルフを見ているとエスクリのイメージがあるせいか、「事業拡大に力を入れすぎているのではないか?、既存サービスは大丈夫か?」と不安になります。(別に拡大路線が悪いという訳ではない)

 

一応、ゴルフ会員数は毎月伸びていますし、結果として現れている以上そこまで心配はしていませんが、新事業と既存事業とのバランスがとれているかどうかは決算を見る上でも、重要ポイントになりそうです。

 

ではまた次回。(上から目線の書き方ですみません、、)