読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イエティの雪だるま投資記

20代社会人のお金と投資に関するブログです ツイッターもやってます。https://twitter.com/yuki_otoko7

100万円長期投資 2月1週 成績


f:id:ieteli:20170203213013j:image

 

  • フィードバック・雑感

大損失です。

今週一週間は私個人荒れてました.(*_*)

先週に銘柄分析したパートナーエージェントがシステムトラブルを起こし株価急落→それで動揺し更に売買を行い損失を広げる という長期投資家失格の狼狽を見せていました

 

今は落ち着き、反省するためJSS以外の銘柄を売却 分析精度を上げるため分析ツールに今回の敗因を織り込んで研鑽に努めています。

 

今週ブログ上げられなかったのも

  • 銘柄分析の記事を作ってあったのですがお蔵入りした
  • 今回の敗因などをまとめて書こうとしたが、読者にプラスにならない文章になってしまった(見返して読むと嫌になった)

 

のが原因です。本当にメンタル面弱いな😥

 

なので今週は週一回更新とさせてください。

(読んでくださっている皆様には本当に申し訳ありません)

来週から二回更新できるよう色々準備しているので、、

 

歯切れ悪いですがまた次回。

100万円投資 1月4週 成績




f:id:ieteli:20170129214346j:image
 

  • フィードバック・今週の所感

 

めっきり寒くなりましたね 私も仕事場で震えながら仕事してます(;_; 

 新しく画像を新調しました。 成績と保有銘柄などを一画面で分かるように作ったのですがどうでしょうか?  まだまだ見にくいので、じっくり作り直しながらバージョンアップしていきたいと思っていますー。

 

銘柄だとパートナーエージェントが増えてますねー  今週に銘柄分析した影響で買っちゃいました。

 

なんか来そうな気がするんですよね、、、 まぁ今後は株数を調整しつつ長期保有するつもりです(^^)

 

ちなみにコメントとかご意見があればツイッターをやっているのでそちらの方に送ってもらえれば 何らかのアクションはできると思うので 良ければ気軽にどうぞーʕ•ٹ•ʔ 

(厳しいコメントは私が枕を濡らします、、)

 

ではまた次回。

 

 

 

 

<銘柄分析> 6181 パートナーエージェント

こんにちは イエティです。

今回は証券コード:6181 パートナーエージェント の銘柄分析を行います。

 分析の流れは 分析手法の記事を参照してください。

 

1.事業内容

 ・結婚情報サービス提供会社 

パートナーエージェントHP 沿革によると・・・

 株式会社パートナーエージェントはもっと信頼できる結婚情報サービスを目指して設立されました。

 従来の結婚相談のサービスを見直し、出会いを必要としている方へ、データを提供するだけではない、本当の出会いをお手伝いするサービスを提供していくことをお約束いたします。

 

2.企業の強み

 

「顧客ファースト」のサービス(※成婚率NO,1・顧客満足度No.1)

   ※IBJ一部サービス除く

 
f:id:ieteli:20170125082807j:imagef:id:ieteli:20170125082819j:image

・300時間以上のトレーニングを受けたコンシェルジュが出会いから成婚後のアフターサポートまで総合的にカバー

 

・成婚KPI(エリア・年齢・出会った人数などをもとに達成度を視える化)システムなどデータノウハウを持っている 

   

また、成婚率が高い理由のひとつに入会金及び費用が他社と比べてやや高めで男性は入会時に年収制限があるため ないところと比べると年収が高い男性が集まる→女性の選択肢が増える→成婚率アップ というロジックがあったりします。

 

「婚活事業者間の相互紹介の場 コネクトシップ」 システム開発・提供

  

 ・中大手数社がパートナーエージェントのシステムを使って会員を相互で紹介し出会いを増やすサービス、会員数が少ない(人を集めるのが苦手)ところはここに入ると他の会員を紹介してくれるため自社のサービスの宣伝・拡大につなげることができる

  

 パートナーエージェント側としては

 ・より多くの会員の出会いを増やすことでウリにしている成婚率上昇狙える

 ・システムを提供しているため利用者から利用料をもらえる(収益は来期から)

 一石二鳥が狙えるサービスといえます。

 

3.市場動向

{「婚活関連サービス市場予測2017」 2016 年度の婚活関連サービス市場を総括し、2017年度を予測}

prtimes.jp

が分かりやすく参考になったので引用しました。この記事によると2017年も地方自治体などとともに民間のサービス事業者も拡大することが予想されており市場動向は上向きだといえるでしょう。

 

 4.リスク・耐性

・市場全体・パートナーエージェント 両方の問題としての「人的不安

 


f:id:ieteli:20170125083157j:image

  

 
f:id:ieteli:20170125083207j:image

上の画像はパートナーエージェントの四季報データ、下は競合他社のIBJとの従業員データ比較です。このデータから両方の問題として

 

  • 平均在職年数短く社員が定着していない

 

また、パートナーエージェントの問題として

  • 給料が低い

 

ことが浮かび上がってきます。これは300時間の研修分を考慮しても低く、給料のいい別のところに流れているのではないか?という疑問が湧きます。また、仕事面でも従業員の増加率が売り上げの増加に追いついていないことから、人材流出の懸念があります。 売上÷従業員数は悪くないので 短期的問題にはならないと思いますが、長期的には注視すべき問題です。 特にコンシェルジュのサービスが売上に直結するので要注意です。(ここは広告宣伝費を多くかけているので少し従業員に還元してほしいものです、、)

 

5.成長性・割安性分析

 
f:id:ieteli:20170125085518j:image 

四季報データや上記のストーリー分析を基に検証した結果 成長率は19% 財務リスクなど考慮し PER17.6*EPS36でGVS分析株価を634円 としました。今の株価と比べるとほぼ同じくらいですかね。 ただ他の銘柄が評価されているものが多いことを考えるとこの水準でも割安だと思います。 

 

以上がパートナーエージェントのGVS分析となります。 本当はあと倍くらい書きたいのですが泣く泣くカットしました、、(広告宣伝費の部分とかもっと書きたかった)  今後は従業員を大切にしながら市場のニーズにどう擦り合わせていけるかが 鍵になると思います。

 

次何書こうかな、、

 

 

100万円長期投資 1月3週 年初来4.6%

  • 成績

週間  +1.0%(日経平均 -0.8%)

年初来 +4.6%(日経平均 +0.1%)

運用来 +19.5%(日経平均 +16.3%)
f:id:ieteli:20170122195921j:image

 

  • フィードバック

今週は新しくパートナーエージェントを買い入れました。

理由は

  • 高い成長力
  • 顧客ファーストの経営姿勢

を持っていると感じたからです。詳しい銘柄分析はまた別記事としてアップ出来ればなと思っています。(今週水曜か木曜を目標)

 

残りの銘柄は依然持ち続けています。あまり売る気はないのでタイミングが合えば 

ギガプライズをNISAに移管できればな と思っています。

 

  • その他(ブログについてこれからの予定)

 

ブログの更新についてですが週2回更新を予定しております。

 

予定

  • 「100万円長期投資 イエティPF」 週次報告 予定毎週金〜日曜のうち1回

に加えて、

  • 「株式銘柄 GVS分析」
  • 「その他株関係の記事」
  • 「節約術」

 を 毎週どれかの曜日に1回(気分屋かつ時間をかけて読みやすく仕上げたいので曜日は決められません、、、m(__)m) 

 

で更新できればなと思っています。

 

また私事ですが最近仕事が忙しく、もしかしたら週次報告しかできない週もあるかもしれません それでも株式投資は辞めないので 楽しみにしてくださる人がいらっしゃるのであれば 気長にお待ち頂ければなと思います。

 

ではまた次回。

 

イエティの投資方針・投資手法②

こんにちは イエティです。

 今回は前記事「イエティの投資方針・投資手法①」の続きとなります。 

ieteli.hatenablog.com 

今回は前回紹介したGVS分析のS、ストーリー部分の説明です。

2.ストーリー

今回もギガプライズ証券コード:3830)を例に見ていきましょう。

ストーリーについて私は以下の4点を中心に見ています。

  1. どうやってお金を稼いでいるのか?(ビジネスモデル)
  2. その企業の強み
  3. リスク・耐性
  4. 市場全体の傾向

他にもサービス業ならそのサービスの評判をネットで調べたり、従業員数の推移とか様々あるのですが銘柄分析においては上の4つはぜひ押さえておきたいポイントです。

 

そして分析する際に意識しておくことが1点あります。それは

世間の声をイメージすることです。これは説明が難しいところでもあるのでギガプライズの分析を行いながら説明します。

 

ギガプライズの場合

  1. お金の稼ぎ方

ギガプライズはマンションに向けてネット接続の総合サービスを行う会社です。

f:id:ieteli:20170118202501p:plain

 

2.その企業の強み

この企業の強みはネット利用者(ここでいう住人のこと)、大家さんの両方に便利なサービスであることです。

f:id:ieteli:20170118202948p:plain

 住人にとってはインターネットは今や不可欠なサービスで入居したその日から無料ですぐ使えるのは非常に便利です。またサポートも充実しているので安心です。また大家さんにとっても売り文句として差別化できますし入居者増を見込める良いサービスといえます。またこの会社はマンション向けIT(ISP)サービスを行っている会社では唯一の上場会社なので安心感もあるでしょう。またこれが評価されているのか、導入実績も2013年3月の4万戸から6,1万戸→10,1万戸→14.2万戸と急拡大しています。また2016年7月に大手建設不動産グループと新たに契約できたこともあり更なる増戸が見込めるでしょう。

 

3.リスク・耐性

欠点としては

  • サービスとしては他と差別化しているものの全体としてauauひかり)とかフレッツ光とかヤフーBBとか競合が多い。
  • マンションに一括導入しているため個別対応に不安点(yahoo知恵袋には「グローバルIDが個々に配られないからオンラインゲームなど制限がかかる場合がある」などの質問があって投資家としては不安なコメントがあったりする)→サポートサービスの対応によっては悪評判につながる恐れ

(ここはあくまで推測の部分なので分析するにあたってはまずは数多くあげておいたほうがいいでしょう)

 

あと押さえておきたいのは「全体的な原価の上昇」です。

f:id:ieteli:20170118205855p:plain

これは今期、前期、前々期の3か月(クォーター)別の損益データです。数字の羅列で見にくいですが下の売上比率の%を見ると前々期の原価が平均約59%から今期は約62%と上がっていることが分かります。

ここから「前々期より原価が上がってるから価格競争で利益がとりにくくなっているのかな?」など推測しておく必要があります。

 

4.市場全体の傾向

ブログ文字数の関係で省略しますがインターネットの需要はもはや必要インフラとして伸びてますし、この会社自体導入戸数が年々伸びているためあまり心配しなくてもいいと思います。

 

以上が私の考えるギガプライズのストーリーとなります。これを踏まえて私は

  • 住人にとって入居して無料ですぐ使えるインターネットサービスがある便利さ
  • 大家さん側にとっても差別化ができて便利、これからにおいても「大手も導入しているマンションISPサービスとして」拡大が狙える

などの理由で購入しました。また世間の声としてもマンションを選ぶ際にインターネットが使えるってあったら便利だし無料(本当は管理料が家賃に含まれているのだけど)だから自然と選ぶと思うんですよね。また、マンションを選ぶ際にISPサービスをやっているかどうかを第一に選ぶ人は少数ですし導入戸数が増えれば自然と利用者数も増えるでしょうから ビジネスモデルも素敵だと思います。

 

以上が私の投資手法となります。次回は私の持っている「JSS」「パートナーエージェント」の銘柄分析とか書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イエティの投資方針・投資手法①

こんにちは イエティです。

今回は私の投資方針・投資手法を紹介したいと思います。余は「どんな銘柄を買うの?

いつ買うの?」ということですね。

私の投資手法を一言でいうなら「成長・バリュー投資」です。企業の成長分と割安の是正のダブルで利益を狙うスタイルですね。

この手法は長期投資における非常にスタンダードな投資手法で長期投資家の大多数の人はこの手法を使っていると思います。(これに株主優待や配当を考慮する人などもいます。)そして投資家によってどこに注目しているか分かれるといったところでしょう

 

では私はどうかというと注目する点は3つです。それは「成長・割安・ストーリー」

この3点です。そして私はそれをそれぞれの頭文字をとって「GVS分析」と呼んでいます。それではやり方を説明していきます。

 

  1. 成長性(今後安定して大きくなるかどうか)・割安性

 私は気になった企業に対してまずこれまでどのくらいのスピードで大きくなってきたか、どれくらいの拡大スピードを予定しているかを四季報データなどを参照して分析します。

f:id:ieteli:20170117231904p:plain

 

これはギガプライズ(コード:3830)のデータです。2.P/Lデータをみると全体複利率が全てにおいて20%を超えていますね。つまりこの企業は売上・利益において過去2期及び予想2期において20%もの複利成長が見込める ということが見えてきます。しかし「直近(連16,3)の純利益は低いじゃないか、20%は見込めないのでは?」という疑問もわいてきます。 その場合は後述するストーリーの部分でしっかり見ればいいのです。

[追記 次回②で書こうと思っていたのですが内容が盛りだくさんになってしまい書くことができませんでした。直近の利益が低い理由は決算短信にて子会社による投資損失が原因だと述べられています。私はこれは売り上げは伸びていることから一時的な損失と判断し成長率20%据え置きで評価しました。次回に期待していらっしゃった方がいれば申し訳ありませんでした。]

f:id:ieteli:20170118224851p:plain

 

 こうして自分が期待できる成長分を設定成長率のところに記入するのです。私は20%と設定しました。そして来期予想EPSを見ると294.2だったので 294.2×20=5884円の株価が算出されます。これで出た株価より今の株価のほうが高ければ割高、ほぼ同等だったり安かったら割安だと仮置きしておくことで割安銘柄を探すのです。

 

ちなみに私がこのデータを見た当時は(10月)実際の株価は4200円ほどでした。 市場はこの銘柄が東証ではないこと、配当が少ないなどの理由でこの値段だったと思うのですが私にとっては まるで特売セールやってるやん!! という気持ちになりこの成長にウラがなければ買おうと決め、後日購入。その後3か月で40%ほど上昇し来年1月には5900円まで上がり私の主力銘柄として花咲いてくれました。

 

次は2.ストーリーについてですが長くなったのでまた次回。

 

 

 

100万円投資成績 1月2週 年初+3.6%

  • 週間成績

イエティPF 1月2週成績

週間  +2.9%(日経平均 -0.9%)

年初来 +3.6%(日経平均 +0.9%)

運用来 +18.3%(日経平均 +17.3%)

f:id:ieteli:20170115020740j:image

 

  • フィードバック

まず最初の挨拶及び説明からさせてください。

今見ていただいている人がいるのであればありがとうございます。

こちらは私イエティが2016年10月から開始した「100万円長期投資」の実際の運用成績です。

どれもその週の金曜終値から

  • 週間は先週金曜との比較
  • 年初来は2016年12月30日の日経平均及びイエティPF成績との比較
  • 運用来は2016年9月30日との比較 となっています。
目標は年率20%です。
具体的な内容は別記事にまとめてあるのでそちらを参照してください。「100万円投資してみた 20代社会人の挑戦」

今週よりツイッターで発表しているこの企画をこちらで出すことにしました。 ツイッターだと書ききれないのでどうしてもブログでやりたかったんです。 あと見返しやすさもあるので 

 

ここでは主に

  • 今週の各銘柄の動き
  • 市場に対する雑感、感想
  • どうでもいいこと

などつぶやいていこうと思います。(最後は余計ですね)

 

今現在では運用開始約4ヶ月で利益18%を超えており、開始のタイミングの運の良さと銘柄の引きの良さを感じています。 つまりラッキーです。しかし、私自身銘柄選択においては一切手を抜かず真剣に時間をかけて選択してきたので多少実力もあるのではとも思っています。なので今後は私の銘柄選定・基準等も紹介して「ここは読んでよかったなぁ」

と得してもらえるような記事作成を心がけていきますので何卒よろしくお願いします。